フィラリアの対策時期

フィラリア症についての説明をします。フィラリアは寄生虫の名前のことで、英語でハートワームといいます。まさに心臓の虫、心臓糸状虫(犬糸状虫)のことです。この虫が蚊によって感染、やがて心臓に住みつき、犬、猫に様々な障害を起こすのです。これがフィラリア症なのです。

他の寄生虫では、駆虫すれば、便としてうまく体外に排出できる場合があるのですが、フィラリアの場合は心臓の中、右心室に寄生し、血管内ということで排出ができないのです。そして、死んだ虫は肺に迷入するという、とても厄介な病気です。そして、予想されますように、心臓の中にそんな寄生虫がいると血液の流れが悪くなりいろんな循環器障害を起こします。

死亡後の成虫は肺に移動し、障害を発生させます。さて、媒介となる蚊の予防の話です。蚊は気温15℃以上で活動し始めるそうです。獣医さんによれば5月の末から6月初めに初回投与をすればいいらしいです。

6月1日というのがフィラリア対策開始日の一つの目安のようですね。この日からフィラリアのお薬を犬に与えるようにします。そうすれば、フィラリア対策ができるというわけです。大事なワンちゃんがフィラリアにかからないように忘れないようにしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です